噛み合わせ 院長ブログ

壊れてしまった入れ歯は歯医者さんで修理するだけで大丈夫?入れ歯が壊れてしまうのには原因があります。

入れ歯が壊れてしまった、入れ歯が割れてしまって困っている、
じつはそんなお問い合わせを毎日のようにいただいています(もちろん当院でつくった入れ歯ではありません)。

もちろん他院でつくられた入れ歯でも、応急処置として修理や調整などすぐに対応いたしますのでご安心ください。

ただ、入れ歯が壊れる、入れ歯が割れてしまう、というのは、そうなってしまう原因があるのです。

均等に力が入っていたら壊れることは滅多にない

総義歯でも部分入れ歯でも、すべての歯に同じように力が均等に加わっていたら、普段使いで壊れることは滅多にありません。

ではなぜ毎日のように入れ歯が壊れてしまう方からお問い合わせをいただくのかと言うと、「きちんと噛めていないから」です。

当院にご相談いただいた患者さまにも「これまできちんと噛めていましたか?」「痛くなかったですか?」とお伺いすると、ほぼすべての患者さまが「噛めていなかった」「痛かったから痛くないところで噛んでいた」とおっしゃいます

本来あるべき形で噛めていないので、力のバランスが崩れてしまい、入れ歯に負担がかかって壊れてしまうのです。

きちんと噛めていない理由

きちんと噛めていない理由はたくさんあります。

最初から入れ歯が合っていない

つくった入れ歯がそもそもお口に合っていなかったというケースもありますが、これはかなりひどいケースです。

入れ歯をいれたことで他の歯の噛み合わせがずれてしまう

よくあるのは、とくに部分入れ歯の場合に、つくった入れ歯の噛み合わせは合っているけど、部分入れ歯をつけたことで、それ以外の歯の噛み合わせがずれてしまうケースです。本当は入れ歯をつくったときは、入れ歯以外のすべての歯の噛み合わせを調整する必要がありますが、そこまで対応しきれてない歯医者も多く、このような問題が起きます。

入れ歯を入れたあとに、他の虫歯の詰め物などで噛み合わせがずれてしまう

また入れ歯を入れた後に、他の歯の虫歯の治療などで詰め物をすることで、噛み合わせがずれてしまうケースもあります。

それ以外にもいろいろな要因がありますが、いずれの場合も、噛み合わせがずれてしまうと、痛みが出ることが多いので、どうしても痛みがない場所で、痛みがない噛み方をしてしまいます。そうなると、力が無理にかかってしまい、結果的に入れ歯が壊れることにつながりやすいです。

当院は噛み合わせ治療にしっかりとした技術をもっています

当院は噛み合わせ治療において、しっかりとした研修を受け、高い技術を持った歯科医が担当いたします。入れ歯が壊れることがないようにするのはもちろん、しっかり噛めてなんでも食べられるように、噛み合わせを一緒に治していきましょう。

当院の噛み合わせ治療についてはこちらの記事も参考にしてください。

  • この記事を書いた人
「入れ歯の匠」石橋 卓大

「入れ歯の匠」石橋 卓大

石橋デンタルクリニック大泉 院長

【略歴】
1996年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
1998年 ブローネマルクシステムインプラント認定医
2000年 厚生労働省認定 歯科医師臨床研修指導医
2010年 スウェーデン王立ウメオ大学にて研修
2012年 石橋デンタルクリニック大泉・歯科インプラントセンター設立
2013年 東北大学歯学博士課程 卒業(歯学博士号取得)

【経歴】
ブローネマルクインプラント認定医/公認インストラクター、厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医、東北大学大学院歯学研究科 口腔器官構造学分野所属、日本口腔インプラント学会、財団法人歯科医療研修振興財団(厚生労働省後援)プログラム責任者

© 2022 入れ歯にお悩みなら入れ歯の匠へ|石橋デンタルクリニック大泉(大泉学園駅)