匠のブログ

入れ歯で「見た目が変わる」のが不安な方へ。ご納得いただけるまでバランスを調整しますのでご安心ください。

入れ歯をお作りになる方からよくいただくご不安は「入れ歯を入れることで見た目が変わるのではないか?」というものです。

ご不安の背景としては、単純に「入れ歯をつけた後の顔つきが気に入らない」というものもあれば「顔つきが変わることで入れ歯だとバレるのではないか」というものもあるかと思います。

入れ歯を作る前に「仮縫い」状態でご納得いくまで調整します

結論からお伝えすると、ご心配ありません。

なぜなら石橋デンタルクリニック大泉では、入れ歯をつくる前に仮入れ歯と言われる、お洋服で言うと「仮縫い」の状態で、ご納得いただけるまでしっかりと調整させていただくからです。

また、当然ながら患者さまお一人お一人ご要望が違うため、医師が断定することはなく、しっかりとお話をお伺いして、患者さまの理想の形に近づけていきます。

まずはしっかりと噛めること(機能性の確保)が大前提

もちろん入れ歯をつくる場合は、噛めないと話になりません。機能が成り立っていない審美(見た目の美しさ)は、それは審美ではありません。

その点で、石橋デンタルクリニック大泉では、お口の中だけではなく骨格を判断しながら噛み合わせにこだわっておりますので、最大の力で安定して噛める入れ歯の位置を、お一人お一人しっかりと判断して作ることができます。

患者さまもまずはゴールとして、ここを望んでおられますので、あまり問題になることはありません。

患者さまのご要望がお一人お一人異なるのはこの先です。

見た目や審美についてはお一人お一人ご要望が異なる

しっかり噛めることが確認できたあと、ここから患者さまのご要望に合わせて調整しますが、これがお一人お一人本当に異なります。

総義歯なのか部分入れ歯なのかでも大きく異なりますが、例えば「せっかくだからきれいな歯並びにしたい」という方もいらっしゃれば、「(あえて)少し乱れた形で」とご希望される方もいらっしゃいます。

出っ歯気味や受け口気味の方が、「必ずしも正常な位置に戻さなくてもいい」とご希望される場合もありますし、笑った顔の見た目(スマイルライン)にこだわられる方もいらっしゃいます。

歯がない状態で、ほほの部分にくぼみがあった方が、入れ歯が入ることでふっくらされて「若返った」と喜ばれる方もいらっしゃいますし、慣れない顔つきに違和感をお持ちになる方もいらっしゃいます。

それは自然なことです。

機能性をできるだけ維持しながら最大限患者さまのご要望を優先します

こういった患者さまのご要望に対しては、石橋デンタルクリニック大泉では最大限理想とする形を実現できるように調整しますし、それだけの実績と技術がありますのでご安心ください。

ときには、20代30代のときの笑顔の写真をお持ちいただいて、自然な笑顔になるよう調整することもあります。

ただ患者さまのご意向を全部取り入れることで「噛めない入れ歯」になってしまうのであれば、それはしっかりとご案内して、ご納得いただいた上で機能性を確保した入れ歯を作らせていただきます。

それでも一方的に歯医者の意見を押し付けることは決してありませんをので、安心してなんでもご相談ください。(当院には、専門の女性カウンセラーが常時在籍しておりますので、歯科医師に言いづらいこともなんでもご相談いただけます。)

  • ▼▼▼入れ歯はこちら▼▼▼

  • ▼▼▼噛み合わせはこちら▼▼▼

  • この記事を書いた人
「入れ歯の匠」石橋 卓大

「入れ歯の匠」石橋 卓大

石橋デンタルクリニック大泉 院長

【略歴】
1996年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
1998年 ブローネマルクシステムインプラント認定医
2000年 厚生労働省認定 歯科医師臨床研修指導医
2010年 スウェーデン王立ウメオ大学にて研修
2012年 石橋デンタルクリニック大泉・歯科インプラントセンター設立
2013年 東北大学歯学博士課程 卒業(歯学博士号取得)

【経歴】
ブローネマルクインプラント認定医/公認インストラクター、厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医、東北大学大学院歯学研究科 口腔器官構造学分野所属、日本口腔インプラント学会、財団法人歯科医療研修振興財団(厚生労働省後援)プログラム責任者

© 2024 入れ歯にお悩みなら入れ歯の匠へ|石橋デンタルクリニック大泉(大泉学園駅)