院長ブログ

他院で治療を断られた入れ歯や義歯でも、石橋デンタルクリニック大泉では問題なく治療できます。

石橋デンタルクリニック大泉には、毎日入れ歯や義歯でお悩みの患者さまが来院されています。

なかには「いくつも歯医者さんに通ったけど、どこの歯医者さんでも「これ以上の対応は無理」とか「もうどうしようもない」「入れ歯はこんなもの」と言われてしまった。」という方もいらっしゃいますし、「歯医者に見放されてしまった」と感じておられる方は一人や二人ではありません。

ただこれまで来院された患者さまは、お口の中を診せていただくとまったく難症例と言われる状態ではなく、全員問題なく治療ができています

もちろん、一般的には難しいと判断されることも理解できます。

たとえば、歯がところどころ残っていたり、インプラントが数本だけ残っていたりする場合、入れ歯や義歯をきちんと合わせるには、治療する歯科医師側にしっかりとした知識と技術と経験が必要です。

当院の治療は、「噛み合わせを合わせる」ことを一番大事にしていますので、骨があろうとなかろうと、お口の中がどんな状態でも、噛み合わせを合わせて、痛みもなくなんでも噛める状態にすることが、治療のゴールであり目標です。(それは総入れ歯でも部分入れ歯でも、インプラントでも矯正でも、虫歯の治療でも全部同じです。)

入れ歯をつくることがゴールではなく、つくった入れ歯でしっかり噛めるようにする、なんでも噛めて食事も楽しみになる生活を送ってもらうために、日々治療を行なっております。

入れ歯で不便な生活を送られている方、「入れ歯はこんなものなのかな・・」と毎日我慢されている方は、お気軽にご相談ください(保険対応)。もちろん他院でつくられた入れ歯でも大丈夫です。

当院は、患者さまからご希望いただいた場合のみ、より高品質な自費(保険適用外)の入れ歯もご案内していますが、無理におすすめすることは決してありませんのでご安心ください。
  • ▼▼▼入れ歯はこちら▼▼▼

  • ▼▼▼噛み合わせはこちら▼▼▼

  • この記事を書いた人
「入れ歯の匠」石橋 卓大

「入れ歯の匠」石橋 卓大

石橋デンタルクリニック大泉 院長

【略歴】
1996年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
1998年 ブローネマルクシステムインプラント認定医
2000年 厚生労働省認定 歯科医師臨床研修指導医
2010年 スウェーデン王立ウメオ大学にて研修
2012年 石橋デンタルクリニック大泉・歯科インプラントセンター設立
2013年 東北大学歯学博士課程 卒業(歯学博士号取得)

【経歴】
ブローネマルクインプラント認定医/公認インストラクター、厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医、東北大学大学院歯学研究科 口腔器官構造学分野所属、日本口腔インプラント学会、財団法人歯科医療研修振興財団(厚生労働省後援)プログラム責任者

© 2022 入れ歯にお悩みなら入れ歯の匠へ|石橋デンタルクリニック大泉(大泉学園駅)