院長ブログ

歯医者さんに質問!「入れ歯(義歯)とインプラントはどっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットは?」

「入れ歯とインプラントはどっちがおすすめですか?」と、よく聞かれます。

まず前提として当院ではインプラントも入れ歯(義歯)も、治療として自信をもって提供していますし、結論としては、どちらも同じようにおすすめできます。その上でそれぞれのメリット・デメリットといいますか、どういうケースにどちらの治療をおすすめすることが多いかという視点で少しまとめてみました。

インプラントの固定(安定)性とケアの簡単さは確実に大きなメリット

まずインプラントも入れ歯(義歯)も、なくなってしまった歯を人工的につくるのですから、もともとあった歯(天然歯)と同じように噛めるのが理想です。

その意味では、やはりボルトで固定されたインプラントの安定性はやはり安心できます。

また歯みがきなどのケアも、天然歯と同じようにケアしていただければ十分ですのでとても楽、というのも大きなメリットです。

さらに、部分入れ歯と違い、他の歯にひっかける必要がないので、他の歯に負担をかけないというのもメリットです。

インプラントは金銭的・精神的に負担が大きい場合も

一方で、まずインプラントは入れ歯(義歯)に比べて費用は高くなるケースがほとんどですので、金銭的な負担は大きくなります。

また骨にボルトを埋め込む外科手術が必要になりますので、既往症によっては手術ができないケースもありますし、手術と聞いて不安な気持ちになってしまう方にとっては、精神的な負担も大きくなるケースもあります(もちろん安全性は問題ありませんのでご安心ください)。

入れ歯もネガティブに考えなくて大丈夫です

ただ「インプラントができないケース=残念ながら入れ歯」というのはまた違います。

当院では、噛み合わせにこだわって入れ歯をつくりますので、入れ歯でもしっかり安定して噛むことができます。当院の患者さまの中には、インプラントから入れ歯にされた方もいらっしゃいますが、「インプラントより入れ歯の方が噛みやすい」とおっしゃっている方もいらっしゃいます。

また入れ歯は、基本的に既往症や骨の状態なども関係なくつくることができますので、年代はもちろんお口や顎関節の状態にも影響されずに、どなたでも安心して治療を受けていただくことができます。歯茎がやせていても問題ありません。

また人工歯の色も、ほかの歯の色に合わせることもできますので、見た目も心配ありません。

なんでもお気軽にご相談ください

インプラントでも入れ歯でも、患者さまのご状況やご希望に合わせてしっかり対応させていただきます。どんな小さなことでもいいので何でもお気軽にご相談ください。

  • ▼▼▼入れ歯はこちら▼▼▼

  • ▼▼▼噛み合わせはこちら▼▼▼

  • この記事を書いた人
「入れ歯の匠」石橋 卓大

「入れ歯の匠」石橋 卓大

石橋デンタルクリニック大泉 院長

【略歴】
1996年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
1998年 ブローネマルクシステムインプラント認定医
2000年 厚生労働省認定 歯科医師臨床研修指導医
2010年 スウェーデン王立ウメオ大学にて研修
2012年 石橋デンタルクリニック大泉・歯科インプラントセンター設立
2013年 東北大学歯学博士課程 卒業(歯学博士号取得)

【経歴】
ブローネマルクインプラント認定医/公認インストラクター、厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医、東北大学大学院歯学研究科 口腔器官構造学分野所属、日本口腔インプラント学会、財団法人歯科医療研修振興財団(厚生労働省後援)プログラム責任者

© 2022 入れ歯にお悩みなら入れ歯の匠へ|石橋デンタルクリニック大泉(大泉学園駅)