院長ブログ

「どうせ入れ歯だから・・・」と、噛めることも見た目も絶対にあきらめないでください!

当院にはたくさんの入れ歯の患者さまが来院されますが、いつも目の当たりにするのは「どうせ入れ歯だから」とあきらめておられる状況です。

「どうせ入れ歯だから、固いものは食べられない」

「どうせ入れ歯だから、少し痛いのは仕方ない」

「どうせ入れ歯だから、見た目が悪いのは仕方ない」

「どうせ入れ歯だから、たまに外れるのは仕方ない」

「どうせ入れ歯だから、話しづらいのは仕方ない」

もう本当にたくさんの「どうせ入れ歯だから」を毎日目の当たりにします。その度に、歯科医師として本当に残念な気持ちになります。

まず最初にお伝えしたいことは

「入れ歯だから」とあきらめる必要はまったくありません!

ということです。

「入れ歯に自分を合わせる」のはおかしい

入れ歯でお困りの方のお話を聞くと、「痛いからあごをずらしながら噛んでいる」「痛いから食べるものを制限している」方がほとんどです。

実は、当院にいらっしゃる方のほとんどは「痛いのをなんとかしてほしい」とおっしゃるのですが、「普通に噛めるようになりたい」「今までみたいに色々食べてみたい」とおっしゃる方はほとんどいらっしゃいません。あきらめておられるんです。

たしかに、どの歯医者さんでも、中には大学病院に行かれる方もいらっしゃる中で、歯科医師に「そんなもんだよ」と言われてしまったら、そういう気持ちになってしまうこともよくわかります。

でも先ほどもお伝えしたとおり、あきらめる必要はまったくありません。部分入れ歯でも総入れ歯でもしっかり治療して合う入れ歯をつくれば、痛みはもちろんありませんし、なんでも食べられます

入れ歯に自分を合わせるのではなく、自分に合う入れ歯をつくることができます。

当院の入れ歯の特徴

まず一般的なこととして、保険診療と自由診療の違いがあります。

保険診療と自由診療(自費)の違い

保険診療では、使うことができる素材が決められています。一方で自由診療(自費)では、金属を使うこともできます。金属を使えると、厚さを薄くしたり強度も上げられます。そのため見た目などはやはり自費の入れ歯がいいです。そういった一般的な違いは当院だけではなく歯科医院共通であります。

見た目はもちろん機能性も両立させたのが当院の入れ歯

ただ見た目がきれいな入れ歯だとそれでもいいのでしょうか?

当院が大事にしていることは「歯を失ってしまわれた過程を大事にする」ということです。

歯が失われていく中で、それでもなんとかごまかしながら噛んでこられたりすることで、かみ合わせはもちろん関節の動きも変わってしまっています。それが噛み癖につながっていたりもします。そういったお一人お一人のお口の状況をしっかり確認してからつくるのが一番の特徴です。

きれいに並べるだけでしたらだれでもできます。でも機能性は違います。 

機能性と審美(見た目の美しさ)を両立させるのが当院の入れ歯の特徴です。

  • ▼▼▼入れ歯はこちら▼▼▼

  • ▼▼▼噛み合わせはこちら▼▼▼

  • この記事を書いた人
「入れ歯の匠」石橋 卓大

「入れ歯の匠」石橋 卓大

石橋デンタルクリニック大泉 院長

【略歴】
1996年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
1998年 ブローネマルクシステムインプラント認定医
2000年 厚生労働省認定 歯科医師臨床研修指導医
2010年 スウェーデン王立ウメオ大学にて研修
2012年 石橋デンタルクリニック大泉・歯科インプラントセンター設立
2013年 東北大学歯学博士課程 卒業(歯学博士号取得)

【経歴】
ブローネマルクインプラント認定医/公認インストラクター、厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医、東北大学大学院歯学研究科 口腔器官構造学分野所属、日本口腔インプラント学会、財団法人歯科医療研修振興財団(厚生労働省後援)プログラム責任者

© 2022 入れ歯にお悩みなら入れ歯の匠へ|石橋デンタルクリニック大泉(大泉学園駅)